笑顔の女性

腸内環境整え隊【レスキュー部隊を発進させよ】

勘違いされる点

栄養補助食品

悪玉と呼ばれる理由

悪玉コレステロールは悪玉という名前からマイナスイメージを持たれがちですが、体内で大切な役割を担っています。悪玉コレステロールはLDLコレステロールといってLDLというリポタンパク質とコレステロールが結合したものです。LDLはコレステロールを肝臓や腸から体中の組織へ運びます。このLDLが増加することにより過剰にコレステロールが組織へ運ばれ血管へ沈着し、動脈硬化の原因になります。動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病につながっていきます。このことにより悪玉コレステロールというマイナスイメージの名前が浸透しています。

低ければいいわけでなはい

悪玉コレステロールが高くなる原因は食事や喫煙などの生活習慣によるものと遺伝やホルモン分泌異常のよる肝機能がきちんと働かず、コレステロールの過剰産生があります。コレステロールが高いと言われたら食生活の見直しが最もメジャーです。誤った薬やサプリの服用では下がりすぎてしまうことがあります。なので、薬の場合は、医師の指導のもとに服薬し、サプリの場合は説明書に記載の注意事項を守って服用しましょう。コレステロールは低ければいいというわけではありません。コレステロールは細胞膜を作る材料ですので少ないと細胞を健康な状態で保てなくなり、免疫力の低下をまねきます。コレステロールの基準値の見直しにより基準値の幅がひろがったことはこれも一因です。特に加齢により免疫力が低下していく中でコレステロール値を下げると、さらに免疫力が低下していき他の感染症にかかりやすくなります。これらの注意点を把握し、上手にくすりやサプリを利用しましょう。