笑顔の女性

腸内環境整え隊【レスキュー部隊を発進させよ】

筋トレで楽に

笑顔

病気でない場合

高齢者になると腎臓の機能が低下し、むくみを訴える場合があります。むくみは不要な水分が細胞外に染み出てきたものであるため、工夫次第で解消することができます。体の水分が過剰にあると肺に水が溜まり息苦しくなることもあります。むくみを解消する簡単な方法は塩分の摂取を控えることと、利尿剤の利用、足の筋肉をつけることなどがあります。水分は塩分と同じ動きをするため、塩分を排泄あるいは摂取量を減らすことによりむくみを解消することができます。ついでに体重も若干下がるためダイエット目的で塩分の摂取量を減らしている方もいます。1日1グラムあれば、生きていけるらしく普通の食事をしている限り塩分不足になることはありません。ただ夏場の汗をかく時期は別です。

ふくらはぎの筋肉

体内の水が重力の関係上足に溜まります。足に溜まった水分、大部分は血液であり太ももの筋肉のポンプ機能により心臓へと返されます。つまりふくらはぎの筋肉をつけることによりむくみを解消することができます。ふくらはぎの筋肉は背伸びを繰り返すことで効果的に鍛えることができます。背伸びを50回1セットで1日に数回するだけで数日後に効果を実感できます。この筋肉を鍛えることにより血流改善され冷え対策、引き締まりによる見た目の良さが上がる、足が細くなるなどの理由から人気があります。またむくみは同じ姿勢を保つことでも悪化するため、デスクワークばかりの方はたまに移動する、逆に立ちっぱなしの方は座ってマッサージをするなどでも解消することができます。